NIPT費用の相場

気になるNIPT費用の情報が満載です!

当サイトではNIPTの費用に関する情報を掲載しています。
現在のこの検査の相場は、一体どのくらいなのかについてもご紹介しています。
安い金額で受検することができるのに精度が期待できる点、病院によって値段が違うことに関する情報を探している人にもおすすめです。
またこの検査を受ける際に保険は適用できるのか、かかったお金は医療費控除の対象になるのかについても解説しているため、これから検査を受けようか検討している方におすすめです。

NIPTの費用の相場

NIPTの費用の相場 胎児が13トリソミーや18トリソミー、それに21トリソミーに罹患しているかどうかを確認したいと考えている人もいるでしょう。
そのようなときに選択肢の1つとなる検査がNIPT(新型出生前診断)です。
2013年から日本でも臨床研究が始まった新しい検査方法であるため、この検査を受けるにはどのくらいの費用が掛かるのか疑問に思う人も少なくありません。
結論から言うと、NIPTの費用の相場はおよそ20万円といわれています。
従来の出生前診断の検査に比べると高く感じられるかもしれませんが、NIPTを受けるには検査前に遺伝カウンセリングをおこないカウンセラーから説明を受けなくてはなりません。
そのためカウンセリングの費用も含まれて、およそこのような金額になるのが一般的です。

NIPT検査を受けるのにかかる費用はどのくらい?

NIPT検査を受けるのにかかる費用はどのくらい? 母体から採血した血液で胎児の染色体異常を調べるNIPTは、精度が高く胎児や母体へのリスクが少ないのが特徴です。
この検査には約10万円から20万円以上の費用がかかり、検査を受ける医療機関や検査の内容によって金額が変わってきます。
検査を受ける前には数回のカウンセリングが必要で、1回のカウンセリングで約5千円から1万円が必要になります。
検査結果が陽性だった場合や判定保留が続いた時は、羊水検査もしくは絨毛検査を受ける必要があり、これらの検査にも更に10万円前後がかかります。
カウンセリング料や羊水・絨毛検査料は、NIPTの費用に含まれる場合もあるので前もって調べておくと良いでしょう。
NIPTは自由診療なので全額自己負担で、医療費控除対象外となります。
しかし、検査結果が陽性であった場合は、20万円程度の検査費用が補助される場合があります。
この検査は高額であり、施設での待ち時間やカウンセリングに通う手間、結果が出るまでの期間など精神的なリスクもかかってきます。
受けることができる条件もあり機関も決まっているので、よく調べてから検査に臨みましょう。
安心して出産するために、知識が豊富で丁寧な診療や説明をしてくれる検査機関を受診することが大切です。

日本ではどれくらいの妊婦が受けている?

NIPTとは新型出生前診断のことですが、どれくらいの妊婦さんがこの検査を受けているのでしょうか?アメリカでは約6割の妊婦さんがNIPTを受けますが、日本では受検率は非常に低いのが現状です。

日本でNIPTを受ける妊婦さんはわずかに2~3パーセント程だというデータが届いています。

2020年7月の時点では、日本でこの検査を受けることができる認定施設が109施設あります。
多くの人はこれらの認定施設でこの検査を受けています。

しかし、日本産婦人科学会の認定を受けていないのにNIPTを実施している無認可施設が2020年7月時点で135施設ほどあります。

これらの無認可施設は土日や祝日も検査を実施していることや、検査費用が安いことなどを売りにしています。
それにつられて遠方から検査を受けに来る人も少なくないのですが、中には遺伝カウンセラーが在籍していない施設や小児科医や産婦人科医が常勤しておらず、バイトの医師しかいないという施設も存在します。

学会では小さなクリニックであっても、きちんと基準を満たしている施設は認定施設に格上げするように努めていますが、認定施設の基準は知っておくと良いでしょう。

認定施設は、遺伝カウンセラーや遺伝専門看護師が在籍していて、遺伝カウンセリングを検査前に実施しています。
また、経験豊富な産婦人科医と小児科医が常勤している、という事が条件となっています。

NIPTを受ける理由や具体的な診断内容について

NIPTを受ける理由の背景に、出産の高齢化があると言われています。
特に女性が高齢化すると卵子の老化が進むため、染色体や遺伝子の異常リスクが高まるとされています。
元気で健やかな子供を授かりたい、と思うのは当たり前の認識であり生まれてくる子供には幸せになってもらいたいと思うのも親の常と言えるかです。
実際に高齢出産で不安に感じている人は9割を超えるともいわれ、実際に検査でハイリスクを指摘された人も4%程度いるという研究結果もあります。
一方でNIPTは、出生前検査のうちの1つの手段にすぎません。
具体的には子供の染色体異常のリスクについて母体血を採取することで診断ができる方法です。
染色体以外の遺伝子疾患については検査することができないため、複数の検査を行う過程や都度の健診での兆候が見られた場合に利用することがほとんどです。
まずはかかりつけ医の診断結果を確認したうえで、不安なようであれば医師に相談してみるとより正確な情報を提供してくれるでしょう。

NIPTを考えている方におすすめの病院探し

妊娠がわかった時にどなたも考えることは健康な赤ちゃんが生まれることです。赤ちゃんの健康を出産前に調べるため、出産診断される方は増えています。
NIPTは妊娠の10週後からいつでも実施可能な非確定的検査で、母体から採血した血液のみを使うため母子ともに安全な検査で、万が一出産前検査で陽性になった時は確定診断が必要になります。
確定診断では羊水検査をすることになり、母子に負担がかかるリスクがあります。確定診断するとなると、事前診断であるNIPTも信頼のおける病院で実施してもらいたいものですので、どのような病院が良いかをお伝えいたします。
日本マーケティングリサーチ機構では、新型出生前診断サービスに対する顧客満足度調査を実施しているので、満足度の高いクリニックをこの調査で調べるのはよい参考となります。
また、日本人類遺伝学会と日本遺伝カウンセリング学会が認定している認定遺伝カウンセラー制度がありますので認定遺伝カウンセラーが在籍しているクリニックを探すことも一つの方法です。

NIPT(新型出生前診断)はWeb予約で受けられます

お二人の愛の結晶である、赤ちゃん。そんな自分たちの赤ちゃんが先天的な病気を持っていたら・・・と考えるととても不安になってしまいます。
仮にどんな病気にかかっても、どんな障がいをもっていたとしても、自分たちのかわいい赤ちゃんであることにはちがいありません。
でも、そんな赤ちゃんに病気、障がいがあるかどうかの検査を簡単に、安全に受けられるとしたらどうでしょうか。
出生前診断の一つであるNIPT(新型出生前診断)はお母さんから採血した血液だけで受けられる検査です。
お母さんにもお腹の中の赤ちゃんにも安心、安全な検査なので今とても注目されています。検査の精度の高さも話題になっています。検査の流れもWeb予約でOKというのも安心です。調べたい項目や採血のクリニックなどをwebから登録して予約します。
来院して、診察して・・・という面倒な手続きも不要です。
お二人にとって大変重要な問題ですが、事前に知っているかどうかでそのあとの心構えも変わってくるはずです。NIPTはこれからの出産時の検査の一つとして考えるべき時代になっているのではないでしょうか。

NIPTを行うことで効果的に胎児の状態を知ることができる

NIPTとは新型出生前診断であり、胎児の様子を探るために採血のみで調べることができる検査です。NIPT検査が注目されている理由の一つに、妊婦の高齢化が増えていることや染色体疾患を持つ赤ちゃんを妊娠の経験がある女性が、効果的に胎児の検査を行うことができる点にあります。
出産年齢が35歳を超えると赤ちゃんの染色体疾患の発生率が上がることがわかっており、出産時の年齢に不安を感じている方やこれまでに流産を経験した方を中心にこの検査は行われています。
そしてこの検査は妊娠10週から受けることができるメリットがあり、妊娠初期のうちに効果的に赤ちゃんの状態を把握することによって赤ちゃんを迎える準備ができます。
陰性という診断がでればその後も安心して妊娠生活を送ることができるという女性も多いですし、検査の結果赤ちゃんに何らかの染色体疾患が見つかった場合家族はこの結果を受け止めてどのように行動するかを決める必要があります。

NIPTを行う上でのメリットと準備ができること

胎児の染色体異常等を調べる検査であるNIPTは、採血だけで検査が可能なため、母体や胎児に与えるリスクがほとんどないというメリットがあります。
新型出生前診断となるNIPTは妊娠10週から受けることが可能で、ダウン症候群やエドワーズ症候群、パトウ症候群等の染色体異常がないか調べることができます。
検査の精度は高く、ダウン症候群関しては感度99.9パーセント、特異度は99.90パーセントとなり、異常染色体数を正確に発見することができるといえるでしょう。
妊娠初期の状態で胎児の状態を把握することがでますが、出産年齢が35歳を超えるとダウン症等の染色体異常を持って生まれる確率が高くなるため、注意しなければなりません。
染色体疾患の検査を行うことも可能ですが、お腹に針を刺す等母体に負担がかかり、針を刺した際に破水する可能性もあるため、母体と胎児共にリスクが伴います。
リスクがほとんどないNIPTの場合は、早い段階で胎児の状態を把握することができるため、事前に迎える準備ができますが、具体的にはどのような疾患か学ぶ時間が持つことができます。
治療に適した病院やフォローして頂くことができる団体、施設等もチェックすることが可能で、心の準備を整えることができます。

NIPTは採血するだけで検査できるので簡単です

新型出生前診断(NIPT)は妊婦の血液中に含まれている、赤ちゃんのDNA断片を分析していき赤ちゃんにある特定染色体疾患を調査することができます。
NIPTの正確な名称は無侵襲的出生前遺伝学的検査や、母体血を使った新しい出生前遺伝学的検査とも言われています。
母体血清マーカー検査などと比較すると最近開発したり導入されたので、国内では新型出生前診断と呼ばれることが多いです。
新型出生前診断(NIPT)はいろいろな疾患を調べることができ、ダウン症候群や18トリソミー、13トリソミーなどを検査することができます。
これら合計すると胎児の染色体疾患について約7割に相当しています。
採血するだけで検査することができ、簡単に調べることが可能です。流産などのリスクがないので安心して利用することができ、妊娠周期の早い時期でも検査できます。
妊娠9~10週以降から利用することができるので、幅広い世代の人が利用しています。

NIPTに関する情報サイト

NIPT 東京

Copyright (C) 2020 NIPT費用の相場. All Rights Reserved.